カテゴリ:各種整骨外来( 7 )

 

はり・きゅう外来

先日、柴田先生に“はり”で脂肪燃焼・代謝促進・・・ということで、
僕の皮下脂肪撃退を1/週程度、行ったところ・・・

お蔭様で、順調に減り始めて現在は66kg位になりました。

食事は普通に食べていますし、ビールも美味しく頂いています。
これを持続させるよう努力(柴田先生が・・・)して行きたいと思います。


はり・きゅう外来も始まって概ね2ヶ月が経過して、好評を頂いているようで
僕としても、ひと安心です。
そこで、ご案内があります。
今月までは初診料無料としてご案内していたのですが、
8月1日より、他外来受診の患者さんは引き続き、初診料は無料と致します。
単独で“はり・きゅう外来”を受診される患者さんは初診料が発生いたします。
詳細につきましては、何でも聞いてください。
b0119892_18563638.jpg


鍼治療だけではなく、どのような症状につきましても何なりとご相談下さい。

暑く不安定な日が続きますが、皆様もお身体大事にして下さい。
[PR]

by hamachou | 2009-07-28 18:23 | 各種整骨外来  

O脚 ビフォーアフター

当院、各種整骨外来でご案内している‘O脚骨膜(コラーゲン)矯正’ですが、
最近、夏を目前に需要が高まっているようです。
よく聞かれるのが、
「どの位で、脚がくっつきますか?」
という質問です。
もちろん、個人差があり早い方ではその場で…
というケースもありますし、3歩進んで2歩下がる方も居りますが、
少なくとも、変わらない方はいらっしゃらないようです。

今週、火曜日に来た患者さんは膝の間が4.5㎝開いているとの訴えでしたが、
治療後は3.0㎝になりました。
木曜日は3.0㎝をキープした状態で来院し、治療後は1.6㎝にまで脚が閉じました。
その時の写真です。

「二回目治療前3.0㎝」
b0119892_1523517.jpg


「二回目治療後1.6㎝」
b0119892_15275095.jpg


いかがでしょうか?
この患者さんは週に2回のペースで経過観察としました。
またの機会があれば、以降経過も載せて行こうと思っています。

※快く撮影に協力してくれたY・Nさんありがとうございます。

以前、O脚について書いたブログがありますので、宜しければ読んで下さい。
[PR]

by hamachou | 2009-06-20 15:50 | 各種整骨外来  

整筋マッサージ

またまた、間が空いてしまったこのブログ。
多方面よりお叱りを頂き、見ていただいている事に感謝です。

さて、タイトルには“整筋マッサージ”と明記しました。
実は、今春より当グループの診療カテゴリーの一環である
各種整骨外来”に付加された、筋肉に対する治療の手法名です。

ご存じのとおり、“各種整骨外来”はケガではなく、
慢性的な痛みや不調、疾病からくる症状などに対して
全身からバランスを調整することで不調を改善する外来です。

当然、骨格から診て骨格に対するアプローチが主体となる訳ですが、
患者さんの日常生活からくる、長らくの癖から、
骨格は整っても筋肉に悪い動きが残ってしまっていると
矯正したものが維持し難いという課題がありました。

「治療した後はとてもいいんだけど、数日経つと戻るんですよ…」

この言葉から、我々は使命感を持って立ち向かうと決めました。
治療家の言い分として、よくありがちなのが、
「治療に来ないから治らない…」・「運動不足だから治りが悪い…」
確かにそれも一理あると僕は思いますが、
これらの言葉は、治療家の言い訳と処理致します。
患者さんたちは、そんなこと百も承知。
だけに、我々のような者に救いを求めているのですよね。

少し話が逸れましたので、戻します。
骨格を整えて、更に筋肉の正しい働きを再教育する手だては無いか?
患者さんに自分で出来る運動…限界があります。
筋肉トレーニングやストレッチ…指導しても絵空事。

…ということで、筋肉の正しい「転がり縮む」という働きを
手技で作ろうというプロジェクトを昨年から推し進め、ついに完成。
当グループの各院長にも理論・技術・システム等の申し送りが完了。
各、臨床担当者に学術・技術指導…そして猛特訓。

デビュー致しました。

開始から概ね3週間が経ちましたが、評判は上々!
慰安ではない、治すという信念から生まれた“整筋マッサージ”
当グループ独自のエッセンスがたっぷりで、
生む苦しみはありましたが、生み出してみると
「案ずるより産むが易し」でした。
生み出した親としては、この“整筋マッサージ”は子のように
愛着があり、かわいいものですね(^O^)/

詳しくは担当者にお尋ねください。
僕でよろしければ、つかまえて聞いて下さい。
ご説明させていただきますので…


※このブログに新しく、当グループのホームページにジャンプする
 リンクを貼りましたので、宜しければ覗いてみて下さい。
 近々、ホームページもリニューアルする予定です。
 現在、水面下でジタバタ作業中ですので…
[PR]

by hamachou | 2009-04-26 05:46 | 各種整骨外来  

弾撥指

弾撥指…いきなり聞きなれない言葉でしょうが、
俗に言う“バネ指”という障害の名前です。

どんな症例かというと…
弾撥指・バネ指等のワードで検索してみて下さい(^^ゞ

僕が言いたいのは、
バネ指は外科的な処置やステロイドの注射を打たなくても
改善出来るという事です。

先日、お見えになった患者さんは
八方手を尽くしたが、改善せず、
手術はしたくないし、これ以上注射はしたくない…と、
藁をもすがる思いで…と来院されました。

僕は関節拘縮(関節が癒着して固まってしまうこと)
していない事が確認出来たので、
これなら、短期間にバネ症状はなくなりますよ♪
とお話しました。

簡単にご説明しますと…
腱鞘という腱が通っているトンネルの入り口を広げてあげる
治療をするのですが、徒手療法とバネ指用の特殊な器具を
使って行います。
b0119892_2110298.jpg

という事で、個人差はありますがよく治る症例の一つです。
実際にこの患者さんもスッカリとバネ症状は消失しました。
あとは簡単な運動療法を自宅でやっていただくだけです。

また、関節拘縮があったとしても手立てが無いわけでは
ないので、諦めないで下さい。ご相談に乗ります。
手術もそうですが拘縮前の方が経過が良いのは事実ですけどね。

これからも、当院での成功事例や得意な事を気が向いたら
書いてみようと思います。
[PR]

by hamachou | 2008-05-19 21:11 | 各種整骨外来  

審美診療

今日、ある美人の患者さんから身体のケアというよりも
“美”について、というご質問を受けました。

「せっかくの知識と技術を美しくという目的で
 やればいいのに・・・なぜやらないの?」

当院は接骨院で、外傷はもちろんのこと
身体のバランスや筋・骨格系の不調に対しても
対応しています。→各種整骨外来

確かに視点を“健康”から“審美”と置き換えれば、
出来る事はたくさんあります。

人間のバランスはシンメトリーが得られていれば
生理的に機能しやすく、健康でいられるだろうし、
その健康を前提に審美的にも機能的にも美しくなれる
ことは当然期待出来ると思います。

しかし、当院は接骨院としての本業たる各外来を疎かに
出来ないところ、“審美診療”の枠を設けるのは
プランはあるのですが、まだ少し先になることでしょうか…
今もやらない訳では無いのですよ。

因みに“審美診療”の一環としては
『O脚骨膜(コラーゲン)矯正法』は好評中です!
近いうちに、診療成績をこの場で発表したいと思ってます。

R・Fさん、ごめんなさいね(^v^)
期待に添えるよう頑張ります。

審美診療に興味のある方は、個別にご相談うかがいます。
御希望あれば、各種整骨外来で承ります。
※うちには特殊なビュウティプランナーが2人居ますので…
 僕ではないですがね♪
[PR]

by hamachou | 2007-11-14 17:48 | 各種整骨外来  

アクティベータ治療器

「今後の数年間に、脊椎矯正器具が広く使われることになるだろう。
そしてそれは、より正確に脊椎<注1>サブラクセイションを<注2>アジャストする
目的で考案されるであろう」
                         REONARD W.RUTHERFORD.DC

・・・何だこれ?
って思う始まり方ですんません。
この言葉は100年以上前のカイロプラクターである大先生のお言葉。
学生時代は授業で半分居眠りしながら聞いたことがあったように記憶しています。
この言葉が彼方の時を経て現代に吸着したかのように、
我々の診療サポートをするのが、
〖アクティベータ〗という治療器です。
とてもお気に入りです。

当院では、主に“各種整骨外来”“交通事故外来”で活躍する
治療器ですが、1F・2Fの診療室に1台づつ置いてあり
使用頻度が高く、ついにまた1台壊れてしまい・・・(損壊通算3台目です。)
購入しました!!
しかも、最新機種の〖アクティベータⅣ〗です。
改良が重ねられ、より再現性ある効果を期待出来る
治療器になって戻ってきたのです。

b0119892_0243799.jpg


こいつの凄いところは・・・
歪んだ背骨の開いた関節にあてて、一定量の力が瞬間放出されることで、
脊柱(背骨)を整えることが出来るのです。
しかも、
無痛・即効性・再現性
3拍子!!

従来のカイロプラクティックに恐怖心を抱く患者さんの
気持ちは察します。
私は、カイロプラクターのライセンスも持っていますが、
日本では誤解を招きやすい事もあって、
基本的に当院ではカイロプラクティックは行いません。
 ※一部、“各種整骨外来”ではやることもアリますが・・・

しかし、安心・安全な治療法として
このアクティベータはシンプルであり最高の結果を
導き出すパートナーなのです。

とにかく、得意な治療を補助するこの治療器を携えた今、
早く臨床に取り入れたいと疼き奮う想いです…

明日から、このアクティベータⅣを使って
ビシビシ治しまくってやろう!!・・・と、楽しみです♪

注1:サブラクセイション=関節がズレているところ
注2:アジャスト=生理的状態に整える手法
[PR]

by hamachou | 2007-10-18 21:30 | 各種整骨外来  

o脚骨膜(コラーゲン)矯正法 “その壱”

最近、ホームページを更新してo脚治療のご案内をしたところ・・・
予想以上にo脚についての問い合わせが多く、その都度ご説明させて頂いています。
説明するのが面倒臭い訳ではないのですが、せっかくのブログですので
この場でチャチャっと書いてみますね。

簡単にいうと・・・
既存にある療法ルーティーンワークにあるような
骨密度測定・肺活量測定・体重測定はしません。
また、高額な自費診療でもありません。予約もなしです。⇒ホームページ参照して下さい。

脚をoの字型に変形させている原因はいくつかのカテゴリーに分けられています。
その中でも共通している下肢(脚のことです)の歪みに対して、
先ず、常にストレスがかかっている骨膜(骨の表面を覆っているコラーゲン組織)と筋膜(筋肉の表面の膜)にアプローチをかける事に着目し
当院独自の経験・技術から確立したことを発端に【各種整骨外来】でご案内してみました。

しかし、器質的な変化を期待する本療法は多少の痛みを伴い、その中で組織(骨膜・筋膜)の再教育を行うもので、1クール3~4ヵ月を要します。
その中で再評価しつつ、患者さんの個性にあわせて経過観察をしていきます。
※痛みといっても、残る痛みではなく治療に必要な刺激ですので個人差から予めお伝えするもので、決して乱暴な治療ではありませんので、ご心配なく…


と、いう訳で美脚のすすめをさせて頂きましたが、ご質問は何なりと優秀な当職員にお尋ね下さい。
(?結局、職員にマル投げ?)
…ではいけないと思うので、今後のご質問に対して、また現実施中の患者さんの経過については近々“その弐”でご案内したいと思います。
[PR]

by hamachou | 2007-09-20 21:35 | 各種整骨外来