カテゴリ:診療後記( 87 )

 

トクダノチカラ

徳田先生が当院に入って、もうじき5か月。
早いもんですね。。。
仕事の覚えもまぁまぁ早いし、業務の全体像が見え始めてきたかな…って感じ。

そんな徳田先生ですが、彼の特筆すべき能力は“運動指導”です。
入職当初、どの程度の指導力、トレーニング構成力、コミュニケーション能力があるか…
って、推し量るためにも僕の体をシェイプアップするオーダーを4月に出しました。

40歳、メタボ、中年太り…いよいよ僕もだらしない体に見慣れ始めた頃でしたので…
3か月ワンクールとして、昼休み10~20分位で週3~4回のペースでトレーニング実施致しました。



結果発表!(^^)!


4月12日のお腹 (前から)
b0119892_11104556.png

7月10日のお腹 (前から)
b0119892_11111687.png



4月12日のお腹 (横から)
b0119892_11115282.png

7月10日のお腹 (横から)
b0119892_11121213.png



いかがでしょうか?
基本的には各種腹筋のコンビネーションと体幹トレーニング。
※かなりのドSですけどね(*_*)
食事や飲酒の制限は無し。
ミドリムシサプリ(3~6粒)は毎日飲んでます。

お蔭様で、身体が絞れてキレがいい♪
着れなくなっていたいた洋服もすんなり。

シェイプアップであって、ダイエットではないので体重もやや増。
※ご存知のように脂肪よりも筋肉は重たいデス。

まぁ、こんな感じです。

患者さんにもトレーナーズケアとしてケガの再発防止にトレーニング指導も行っています。
b0119892_1113423.jpg


今後はシェイプアップだけの特別コースも作っちゃおうか~って、徳田先生と画策中。
カミングス~ン♪

徳田先生、これからも活躍期待していますよ(^_^)/
[PR]

by hamachou | 2013-08-14 11:29 | 診療後記  

ハマちゃん。

当グループのマークがあります。
院の屋号の前には必ずつけてあるマークです。

このマークをモチーフに「ハマちゃん」というキャラクターがあります。
知る人ぞ知るキャラクターで、当院が開業した時に患者さんにハマちゃんキーホルダーを
数量限定でお渡ししたことがあります。
b0119892_1245634.jpg

私もiphoneに付けているのですが、ピンボケで薄汚れていますね…
これがハマちゃん原型です。

先日、開業当初よりケガするたびに来院する小学生のM・Kちゃんが
ハマちゃんのキーホルダーを持って来ていました。
女の子ですね。
小物が好きで、ハマちゃんも気に入っているとの話。
嬉しいよって、その時はお礼を伝えました。。。

M・Kちゃんが捻挫も経過良く、そろそろ終診を迎えようとする頃のある日。
b0119892_125451100.jpg

いかがですか?
嬉しいじゃないですか!?
一生懸命、フェルトで作ってきてくれました。
本当にうれしくて、涙がウルッときてしまいました。
M・Kちゃん、ありがとうね♪

当院も開業して3年と少し…
良いことも悪いことも少しずつ経験して、今日は良かった事というお話でした。

これからも自然体で良し悪しあるだろうが、頑張りますね!(^^)!
[PR]

by hamachou | 2013-05-20 12:58 | 診療後記  

考えるという作業

ブログ書くのがすごい久しぶり。

これ、書き始めたのって6年前…
PCの時代だからといって、キーボード叩く練習がてら始めたことをよく覚えている。
しかし、まだまだ手元見ながらのつたないタイピング。
始めた頃は文章を紙に書き起こしてから、入力していたなぁ…
その頃と比較すると少しはうまくなったかな?!

今に至り、世の中はPCからスマホ、タブレット。
そしてSNS。僕もそれなりに追いかけてミクシーやったり、ツイッターやったりと
努力したが、思い返すと無理していたように思う。
なにが無理かと言うと、無責任に匿名で否定、批判即答する内容や事実無根の拡散
明らかに目上の人に対しても礼に欠く言葉づかい等々に辟易してしまったので止めてしまった。
フェースブックは実名とのことだが、少し面倒になったのでこれ等に距離を置こうと。

ブログを始めた時、だれが読むか、どんな時に見るかを考えながら文章を書き起こした。
ブログは院名も実名も入れて書いているから責任がある。
一文書いては、書き直し、書ききってみてからやり直すことも…
目的があって書いていた自負があったのだと思う。

昨日、テレビの対談である作家がSNSの即答についての比較で、肉筆することの中で行き詰まりを
感じて、はじめて考えるという作業に達する…というようなニュアンスの話をしていた。
どんな内容の話しか分からないが途中から見たので、つまみ食い的に見て聞き入ってしまった。

高名な作家さんと並んで話すつもりは毛頭ないが、表現力の豊かな人が
自分の中のモヤモヤを代弁発しているように感じて、なにやらスッキリした。

僕らの仕事は直接患者さんに触れて接する仕事。
時代がデジタル化しても本業はアナログが主体。

近ごろはカルテ記帳や手紙を書くときに万年筆を使うようになった。
筆圧の加減や角度で字体が変わって面白い。
これからも一文一文、考えを深めながら責任をもって書く練習をしていこうと思う。

また、ブログも自筆の延長として作文の練習がてら細々と続けて行こうと決意。

がんばります。
[PR]

by hamachou | 2013-01-29 16:33 | 診療後記  

過ごしやすい…

今日は雨ですね…

何やらまた台風が来ていて、その影響では?!

って、さっき患者さんから聞いた。

ひと雨ごとに寒くなってくる時期ですね。

最近、患者さんとの会話でよく出てくるフレーズ…

「過ごしやすくなりましたねぇ」って。

確かにあの猛暑と比べるからなのでしょうけれど、

ちょっと待って下さいね。

季節の変わり目、身体も変化が出てきます。

寒暖差に対しては、放熱を防ぐために夏に比べると

身体は体表面を小さくして縮こまってきます。

姿勢悪くなってきてますね。

また、夏は熱中症、脱水症状と脅かされて水をがぶ飲みしていた人も…

すっかり、飲まなくなってきているようですね。

ココでもう一つ、ダメ出しです!

秋になり乾燥してきていますので、身体には積極的に水分を補給する必要があります。

手先を見て下さい。

指先がそろそろカサカサしてきているのでは?

体内の水分量が一定を保てないと、保温力も弱まります。

体温保持が出来なくなると免疫能も低下します。

水、もう一度見直してみて下さい。

秋から癖付ておかないと冬にはできませんよ。

因みに東洋医学では秋の乾燥した時期に食べる薬として有効と言われているものは

香辛料(唐辛子・胡椒・ニンニク・生姜…など)、白い野菜、根菜類、玄米などなど…

特に根菜類でも粘り気があるヤマトイモとか長いも、里芋なんかは

保水を助ける作用があるのでお勧めです。

こまめに水分補給して体の中からうるおいを保てるようにして下さいね。

身体の中身が枯れて干上がっている人が高価な化粧水をつけても

ハンドクリームを塗りたくっても、あまり意味ないですからね!!

過ごしやすい時期に夏から秋、冬に向けての良い習慣作りをして下さいね。
[PR]

by hamachou | 2012-10-17 20:10 | 診療後記  

待ち時間について

最近、待合室での待ち時間が…と

お忙しい皆さんにご迷惑をお掛けしております。

当院では予約の受付は行っておりません。

しかし、待たない受診の仕方にコツがあることをご存知でしょうか?

混雑している時、先に診察券を出しておき、いったん外出されても

お戻りになった時に受付へお声掛け頂くと…

順番2番目でご案内いたします♪

知っている人は活用していて、知らない人が待ちぼうけ…

ぜひ、活用して下さいね。

また、当院の朝スタートは8:00からですが7:45には

シャッターが開き、受付可能となっております。

待合室に人が多くても、付添いの方や治療が終わった方が

いらっしゃることもありますので、外から覗いて断念しないで

一声かけてみてください。

意外と待たずにご案内できることも多いですよ(^_^)/
[PR]

by hamachou | 2012-10-10 19:04 | 診療後記  

華の競演

また嫌な雨に風。

散ってしまいますね。

桜…

当院前の道は桜のトンネルが出来るほどの名所?!

今回はその素晴らしい桜の写真を載せようと、たくさん写真を撮りました。

被写体が素晴らしいので自分なりにどれも納得の写真…と、選んでいました。

ふと、ある患者さんの旅行記ブログを拝見したところ…

ありました。

早稲田の桜。

同じ道にある桜なのに僕が撮った画とぜんぜん違う(*_*)

構図に角度、光の反射に至っては僕の写真とはまるで別物。

技量の差を感じて、僕の写真はお蔵入り…

そこで、皆さんに素晴らしい桜をご覧いただく主旨に変更はありませんので

この患者さんにお願いして写真を僕のブログでも引用させていただくことの

許可を頂いちゃいました!(^^)!

b0119892_1614840.jpg


いかがですか?

見事な桜ですね!!

また、当院近くの江戸川の土手には菜の花がいっぱい♪

菜の花の写真もお借りしちゃいました。

b0119892_1634080.jpg


どうでしょうか?

咲き競うような花に囲まれ、僕も日曜日には花見でイッパイ( ^^) _旦♪

S・Kさん、素晴らしい写真の転載許可ありがとうございました。
[PR]

by hamachou | 2012-04-11 16:26 | 診療後記  

寒い…①


乾燥していた空気に待望の湿気(^o^)/
雪まじりでホワイト大寒イブとしては暦にちなんだ上出来な天気!!
気持ちがキリッと引き締まる陽気ですね。

…と、出来る限り前向き発言からの今年初ブログです。。。

「寒いですねぇ?!」

最近のあいさつ代名詞の代表格ですね。
確かに寒いから共感しやすく、話が進む便利な枕言葉ですが…

患者さんの中には、そう寒さを感じていない人もいるし
ビックリするほど寒がっている人もいますね。

なにが違うのかな?
ということで、寒さに弱い人についてお話ししましょう…

先ず、人間は生物学的に恒常性動物(恒温性動物)と定義されています。
これは字のごとく、温度が保たれている動物ということです。
※外気温により温度を変動させる動物もいるので、このような言い方をするようです。

だいたい、ヒトは36.5℃くらいの体表温を保っているとが生理的ですが
今日みたいに外気温が低くなると体温が保ちにくくなるので
身体は熱を作りだそうと震えたりして筋肉に運動を起こします。

ここで一つ冷え性の必須キーワードを整理しますね。

①熱を保つこと
②熱を作りだすこと
③熱を採り込むこと

主にこの三つがうまくいっていれば身体は冷えにくいはずです。

①にある熱を保つこと。

体温を逃がさない様にするために、温かいモノを食べることや根菜類などの
冬に採れる野菜を食べたり、少し塩辛い食べ物を頂けるといいですね。

また、水分を摂ることを勧めています。
もちろん冷たい水は身体を冷やしますが、乾燥しているにもかかわらず
寒いこの時期は水分摂取の積極性が少なくなってきますので、
最低でも一日2ℓは飲めるようにして欲しいです。

理由は身体の中をグルグル回っている水が新鮮でないと身体の細胞は酸化して
代謝が悪くなってしまうから2ℓは水分を摂りたいことと…
水気がない身体は熱を逃がしやすくなります。

例えばマグカップを電子レンジでチーンってした後、だんだんとマグカップは
熱が逃げて冷たくなってきますが、
水を入れたマグカップはチーンってやった後、お湯が入ったマグカップを相当な時間
温かい状態を保つことが出来ますね。

保温は保水が条件であると換言できます。

出来れば初夏に旬の緑茶よりは寒い地方で飲まれる烏龍茶などが良いと思います。
烏龍茶や番茶、ほうじ茶に紅茶。
発酵したお茶が身体の熱を保ちやすいようですね。

またナガナガとメリハリ弱い文章になって来たので離脱します。
②③は次回にしま~す♪


※これは未熟な僕の不十分な知識からくる私的考察なので
異論反論はあるとは思いますが、あくまでも僕の意見ですのでご容赦くださいねm(__)m
[PR]

by hamachou | 2012-01-20 19:39 | 診療後記  

米風クリスマス

今日も寒い中、たくさんの患者さんが来院。

本当に寒いのに…

ご通院、お疲れさまです。

僕はは“わかりやすい説明と結果にともなった治療”を主旨として

臨床活動を行っておりますが、もうひとつ

季節感をわかりやすく…とも思っています。

暑いんだか寒いんだか、わかりにくい陽気と、

冬でもメロンやスイカが手に入る時代。

季節感の強調を内装に心がけています。

昨年も行いましたがクリスマス・デコレーション!

今年も飾りつけました。

b0119892_19545935.jpg
b0119892_19551467.jpg


昨年は生モミの木で北欧風クリスマス?

今年は大きくてキンキラキンのリースで米風クリスマス…?!

ということで今週限定でクリスマスBGMが流れる院内は…

ようするに、街のアチラコチラと同じ年末の風物詩として

季節感たっぷりの米風クリスマスです(>_<)

何が北欧風で、何が米風かというと…

簡単です。

三郷にはIKEAとCostcoがあるので、

昨年はIKEAで買い物して今年はCostcoで買い物しただけです(^^)/

クリスマスが終わると今年も指折り…

ということで、年内は30日1時まで診療致します。

午後は大掃除のため、午前中で終了となりますのでご確認ください。

みなさんに良いクリスマスプレゼントが届きますように(*^^)v
[PR]

by hamachou | 2011-12-21 20:25 | 診療後記  

病は気から…

今日から12月突入だぁ。

…って当たり前の事ですが、毎年この時期は気忙しく空振りが多い。

やらなければならない事に忙殺されて、やりたいことが進まない。

…?!、毎回同じ事言っているな。

忙しいと言い訳にして人の時間泥棒しているのでは…と臆病になる。

…ということで、今月からスケジュール管理をノートにしました。

今まではカレンダーにグチャグチャと僕にしか分からない暗号みたいな書き入れ。

僕にしか分からないはずが、僕も???

過去にやっていたA4ノートタスクリスト、一カ月一冊形式に戻しました。

小さな脳みその延長機能としてガリガリ書き込み開始!

やっぱり、スッキリと前後関係が見えるので良い。

今月は来年のスケジュールも見通しながらの自己整理を練習しよう(^o^)/

まぁ、そんな感じで今日も寒い中、大勢の患者さんが来院。

寒いですねぇ…との始まるあいさつの中に、

Nさん 「腰はスッカリ痛みが無くなったよ(^^)/」

僕 「脚の痺れはいかがでしょうか?」

Nさん 「あと少し残っているけれど、だいぶいいよ!」

と、ある患者さんとの会話。

この方、とても前向きな方でコッチがいつも元気貰うほど素敵な患者さん。

また、ある患者さんとの会話。

Kさん 「脚が痛くって痛くって歩けないよ。」

僕 「寝ていても痛かった背中の痛みは昨晩いかがでしたか?」

Kさん 「それは平気だけど、脚が痛くって痛くって…」

この方はいつも時間を気にして忙しそうな患者さん。

どちらが正しい誤っているという話ではないのですが

Nさんは80歳の女性でまだ脚をひきずる位の患者さん。

Kさんは56歳の男性でスタスタ歩いている患者さんです。

僕は病は気から…という言葉は気持ちが弱ると病気になると思っていました。

しかし、病状や諸症状に対して変化を肯定的に喜べる方と

現実的ではあるけれども、悪い事ばかりが気になって否定的な発言をする方とでは

治り方に差異が生じるのではないだろうかと思います。

それぞれの患者さんの痛さや苦労、様々な背景の中での感じ方は

人それぞれと思います。

それだけに肯否定すべきことではありません。

しかし、僕は前向きに発言してにこやかに受診されるNさんがどんどん

快方に向かっていくことは当たり前だと確信しています。

笑う門には福来ると、笑っているから福が来る訳で

福があるから笑う訳ではないのでしょうね。

ひとによっては満たされなく福を得ても仏頂面している方もいますから…

病は気から。。。

師走の入り、ふと感じた診療後記でした。
[PR]

by hamachou | 2011-12-01 21:07 | 診療後記  

どんな姿勢でも…

 『浜町リッツ整骨院紹介動画』 ←クリックするとご覧いただけます。



今日は治療の手法についてひとつご紹介いたします。

と、その前に私の師匠が常々、口にしていることがありました。

「原理原則はひとつでも手法は限りなく存在する…」

「患者さんの痛みから解放する楽な姿勢で治療しなさい…」

と、教えられて育った私ですが開業してみて思ったことは

…浜町接骨院でやっていた当たり前のことを当たり前に出来ない。。。

何故なら、その為の設備が無い。

その手法のヒントをくれる人が居ない。

サポートしてくれる熟練のスタッフが居ない。

親離れして早々に直面して、現在も継続している問題の一つです。

しかし、これらが次僕が取り組む課題でもあるので分かりやすいのですが…

話を治療の“手法について”に戻しますね。

今回は設備について更新ご報告です。

首や背中に腰の痛み…

必ずしもベッドで寝ながらの治療が良いわけではありませんね。

患者さんの痛みや症状も千差万別ですから、

寝ると痛い、痛くて寝れない…という方も多く来院します。

そこで、座りながら治療できる設備を導入致しました。

b0119892_19494336.jpg
b0119892_1950065.jpg


当院は昇降ベッドと言って、電動でベッドの高さ調節が可能です。

その特性を利用して体を保持するマットと特殊なイスによって座っての治療を行います。

また、電動ベッドですから立ったままでもぎっくり腰の治療なども行います。

これらは既に浜町接骨院(古巣)には当たり前にあるものです。

まだまだ、真似の領域を超えられない未熟者ですが

良い事は意地を張らずに取り入れて患者さんに提供したいと考えています。

仰向け、下向き、横向き、立って、座って…どんな姿勢でも大丈夫です。

患者さんの症状や特性をみて治療致します。

これからも様々な症状や十人十色の患者さんを診れるように頑張ります(*^^)v

…そういえば、師匠はこんなこともよく言っていたな。

「言霊から言動にともなった現実が起こる」

って、この設備を導入した途端に座位治療の必要ある患者さんが数名新患でみえました。

落ち着いて対応できたのも、お陰さまで師匠の経験と教えに感謝です。
[PR]

by hamachou | 2011-11-29 20:27 | 診療後記