矜持

タイトルにした言葉
『矜持』
僕は先日初めてこの言葉に出会いました。

11/16、渋川武道館にて空手の大会に救護係として
参加してきました。

会を主宰する館長よりパンフレットが手渡され、
表紙に大きく『矜持』とありました。
僕は漢字が好きなので、読めない漢字が気になります。
気になっていたところに・・・
大会挨拶で館長の言葉の中で、
「今回の大会の主旨として矜持としました。
矜持とは、稽古して得た能力を自信を持ち存分に
試し合いで発揮して貰いたい。
誇りを前進に押し出して戦って貰いたい・・・という意味です。」
というような内容の説明をされていました。

僕はなるほどなぁ・・・と感心しました。
僕らの臨床にも置き換える事の出来る言葉です。

僕もこの大会に「矜持」を携え臨もう・・・
と思っていましたが、今回もめでたく大きな事故は無し。
ケガ人が出ずにホッとしながら「矜持」は明日からの糧に・・・

大会出場の選手諸君、大変お疲れ様でした。
選手の勇姿を見て、僕も勇気が湧いてくるように感動しました。
ありがとうございました。

※因みに「矜持」はキョウジとかキンジと読むそうです。
[PR]

by hamachou | 2008-11-20 20:10 | 診療後記  

<< あけましておめでとうございます バランスが悪い? >>