離開?

先日のお話の続きです…

「離開?」

患者さんから、急にご質問が増えたので、
もう少し掘り下げてお話します。

我々は見えないだけで重力という
とても大きな力に支配されています。
その中で、普遍的に生活しているのす。

地面に対して重力の鉛直上にある線が
頭のてっぺんから、骨盤の真ん中を通った状態を
動き(歩行)の中で構築する事が生理的であり、
それが出来ない非生理的な状態、
即ち、骨盤・背骨・股関節などの関節が、
バランスをかばいあって代償する過程で、
関節に起こる不均衡の結果が離開なのです。

よく、患者さんは「骨がズレている?」
と心配されますが、厳密に言うと
離開して関節運動が損なわれた結果、
全体的に歪んでくるのです。

関節は、ネジに例える事が出来ます。
締まったネジは正しい関節運動をしますが、
緩んだネジは関節が正しく滑りあいません。

その緩んだ関節の中はどのようになっているかと
言いますと…
“collagen filament”というイバリが関節内に起こり
滑り運動を阻害します。
例で言うと、ガムテープの粘着面どおしを貼りあわせ、
強い力で引き剥がすとトゲトゲの繊維が出来ますよね。
そういう感じです。
その潤滑液が無い状態で関節を無理に動かすと、
摩擦熱が起こり炎症性の痛みが出るのです。

もっと細かく言うと…
余計分からなくなるでしょうから、この辺にしておきます。
「離開」というお話でした。
[PR]

by hamachou | 2008-05-28 16:42 | 診療後記  

<< あぶら 痛みの原因? >>