骨折と酒

皆さんは骨折したことがありますか?
僕は過去に大小、8ヶ所骨折したことがあり、
他にも、脱臼、靭帯断裂、腱部分断裂に捻挫は数知れず…
と、自慢ではないが、ケガは多い方だと思います。

金曜日の夜、初診の患者さんが手を傷めたと…
見事に腫れあがり、骨折の疑い。
翌日にレントゲン検査をする予定として、鎮痛固定処置。
そして、自宅養生の注意点として
 「今晩はお酒飲まないようにして下さい」
 「痛みが増して寝れない事になりますから、絶対にダメです!!」

と、念を押して説明したにも拘らず…

土曜日の朝、真っ青な顔して来院。
 「痛くて眠れなかった…」
この患者さんは、やはり飲んでしまったのです。

まぁ、お酒の好きな方は十中八九、このパターンです。
身をもって痛い思いをしないと解らないようです。

僕も7・8年前、すでに浜町接骨院で仕事をしてた頃…
館林で柔道の試合があり、ケガ人が出たら僕が処置をするだろう
と、応急処置の材料を持って出かけ、いざ試合。

相手は僕の苦手な左組み手の高校生。
無理な体勢から払い腰をかけようとした時、相手に崩され転倒。
受け身をとれずに右肩から強打。
瞬間的に理解した。 骨いったなと…

見物に来ていた先輩の藤倉先生に整復してもらい、
自分の為に?持ってきた応急セットで固定処置。

右鎖骨骨折と右肩鎖関節脱臼の合併症。
明日からの仕事どうしよう?
と、思いながらも
もしかしたら飲んだら痛み治まるかも…と
飲みに行き、カラオケまで…

痛くて寝れない。
肩に心臓が付いているのか?と思うほど肩が拍動し
氷も5分もたずに溶けてしまうほど、熱い。
しかし朝が来た。仕事へ行った。
藤倉先生には内緒にしてもらって、仲間や患者さんにばれないよう
ガッチリ固定して、痛みどめを飲んでも…
とにかく痛い。

痛いだけ…と言い聞かせて、診療は休むわけにいかない!と
無理をしましたが、酒の恐ろしさを嫌という程学んだのでした。

と、僕も同じことを痛い思いをしてから理解しているのです♪

酒飲みは、『酒は百薬の長』と過信しているようですが
処方を誤ると劇薬になりますので、ご注意下さいね。
[PR]

by hamachou | 2007-12-16 12:08 | 診療後記  

<< AED 【偽】 >>