【偽】

平成19年の世相を表す漢字は「偽」-。
毎年、清水寺の和尚さんがデッカク書き記す字を見て、
あ~、今年も終わりかぁ…と思う。

確かに、今年の話題の焦点は“偽装”という言葉が
各方面で飛び交っていたように実感。
なるほどなぁ…

しかし、僕なりにこの【偽】という字を斜めから紐解くと…  
     人の為
というふうにも読める。

僕の今年を思い返すと、利己的行動⇒凶
人が喜ぶ、楽しむ、嬉しいなどを考え実行すると⇒吉
身をもって実感。

そう言うと、人の為って、結局は自分にかえって来る事を知っての
打算的行動にも見えるけど、それが人と携わる妙味とも思えて、
自分の欲する自分像が見えてきた年でもあったと思う。

今年、知り合えて未熟な僕を示唆教導してくれた沢山の人に感謝。
来年に向けての自分作りを準備する時間は残り2週間強…
明日もたくさんの患者さんに関わる事で【偽】を高めようと思いました。

臍曲がった言葉遊びかも?
でも、実際に想う事です。

因みに、もう時効だから書きますけれど…
中学校の時の修学旅行で清水寺に行った時、
清水の舞台の手摺中央の裏に
『堀朝穗参上』
とボールペンで彫りこんだのを反省しています。
今も残っているかしら…反省。
[PR]

by hamachou | 2007-12-15 00:06 | 診療後記  

<< 骨折と酒 三輪車 >>