検査

今日もたくさんの患者さんにご来院頂き、
朝から晩までアッという間でした。
仕事人にとって、時の過ごし方としては最高です。

初診の患者さんのお話です。

「膝が痛い!!」との申し出。
ご年齢から、症状から、傷めた原因は…
見たり、聞いたり、触ったり、動かしてみたり…と、
検査というのは、色々とやるのですが、
エコースキャナーという検査機器での検査は
なかなか、画期的で…
レントゲンに写らない軟部組織の異常が分かったり、
リアルタイムに動きの中での不具合を見出したり、
放射線を出すわけでもなく、無害で、
患者さんに説明もしやすくなったり…といいことだらけ♪

また、当院自慢の〖ALOKA SSD1000 〗というエコーは
当院所有3代目にして、ハイパフォーマンスを約束してくれる
優れものものなのです。
※産科医・内科医御用達の逸品と同様機種で、高価なだけあります。

b0119892_011528.jpg


なにがすごい?
⇒超音波を発して深部に反射したモノを画像化するのですが、
従来の機器はよけいなモノ(ノイズのようなモノ)まで画像化する
難点に対して、この機器は非常にクリアな鮮明度をもって
必要な情報だけを描出してくれるのです。

今日もお陰様で…
視診・触診では否定的であった“変形性膝関節症”の
傷病を画像化することで、誤診することなく判断することが
出来ました。

後はルーティーンワークに則り、治療するだけ♪
治療は意外と確立していることなので問題ないのですが、
診療指針を決定する“検査”はとても重要なので、
骨が折れます。

他、検査というものは様々な情報から
考えられる可能性をすべて推し量り
いろいろな手段を用いて行い、
ときには、提携医療機関に精査をオーダーすることで
細心の注意を払い実施するのです。

因みに、第2診療室(2階)にもエコースキャナーを導入しました。
2階は、個室対応も承ります。
ご不安な患者さんが居ましたら、御相談下さい。
いつでも責任を持って、再検査します。
御遠慮なく…

※撮影に協力してくれた佐藤先生・茂木先生ありがとうm(__)m
[PR]

by hamachou | 2007-10-23 21:18 | 診療後記  

<< 紅葉 バリカン >>