携帯電話

昨日…3年強、使用した愛用の携帯電話に別れを告げた。

僕の携帯電話の歴史を辿ると…
15年前、東京デジタルフォンから始まり、
現存する携帯電話メーカー全てを使ってみた。
早い時は半年に一回、取り替えていた時もあった。

しかし、今は推移する携帯電話産業の機能に追い付けず(魅力なく?)
また幸いなことに壊れず、電池能力も減退せずに現役だった端末機に何故別れを…?

簡単♪
家内がいよいよ変えようという転機に(家内は4年近く使っていた!)便乗しただけ。
機会が無いと、愛着ある携帯を手放すわけにいかないですからね。

最近の風潮から、エコ的視点とリサイクルや、諸々の綺麗ごと…
耳にするたびに、口にする者の姿勢を推し量り…???
モノを大事にしない、出会いの喜びを噛み締めない、自分さえよければ、etc…
何も、高台に立ってこれらを言及する聖人君子でもない僕ですが、
なにか、寂しく世知辛いと思って…

って、何を言いたいか分らなくなってきちゃいましたので、
(こんなことを書くつもりではなかったので)
方向修正します。

新しい携帯電話は確かに凄いです♪
しかし、携帯電話の販売店のサービス姿勢は3年前に比べてグゥ~ンとup!
こっちの方が、僕は驚いた。
携帯電話産業自体は景気が良いのだろうが、盛者必衰。
盛る者いずれ…
に気が付いているのだろうと感心した。

僕たちも異業種に学び、糧とさせて頂きたい。

最近、幸いなことにケガすることなくいる、過去に当院を受診したことがある方に
「男子たるもの三日会わざれば刮目して見よ」 (※僕の好きな言葉のひとつです。)
という気概をもって臨めるよう常在戦場の意気で?チッとカタイかな…

まぁ、これからも個性豊かにして、頼もしい仲間たちと
浜町接骨院をより良く進化させて行きたいと思いました。
⇒これが言いたかっただけなのに、僕の文章はクドイなぁ…

                           早く、新い携帯電話に慣れなくては…
[PR]

by hamachou | 2007-10-08 22:04 | 私事  

<< Jack-O'-lan... 発足 >>