i pad 導入

b0119892_20185465.jpg


突然ですが、久々に自分の写真です。 ※少し太り気味…

ついに i pad 導入しました。

僕は常日頃から、痛みや不調を訴える患者さんが

その原因さえ解れば、痛みや不調に対して前向きに対応が出来ると考えています。

原因が分かっても、治せないならあまり意味無いですが…

そこで模型を使った説明や、資料を使った説明、エコーで観て説明…と

少しクドイ…?!と思われても、説明します。

しかし、僕の語彙が乏しいがゆえに表現がイマイチ伝わらない…とのジレンマ。

浜町きわ整骨院の中里院長は僕の同期ですが、彼は絵も上手いし、説明も上手。

そんな秀でている仲間を羨ましくも、自分に出来ることは…という事で、

i pad です。

春頃より準備を始めて、医療系のアプリを調べ上げ、

さらに追い風で偶然、患者さんの息子さんがWi-Fiを院に設置して下さり、

職員と説明シミュレーションを繰り返して…

いよいよ導入致しました。

b0119892_20325687.jpg


すでにご通院されている患者さん何名かには実践しておりますが

イメージが伝わりやすくて好評のようです。

また、お付き合いさせて頂いている整形外科の先生のご厚意で

デジタル化したレントゲン写真を提供していただき、 i pad に取り入れ

患者さんにご説明することにも至りました。

b0119892_2036592.jpg


これからも少しずつ“分かりやすい”を提供できるように頑張ります。

※i pad まだまだ不慣れです。
 アイデアや手法でご教授頂けること、大歓迎です。
 教えて下さる方、いらっしゃいましたらお願い致しますm(__)m
[PR]

by hamachou | 2011-11-21 20:44 | 診療後記  

<< デジタルサインボード 児童センターコラボ企画 >>