金の卵

先ほど、書きこんだ内容がPCの不具合で消滅。
これぐらいでは心折れません!!
もっと良い内容を絞り出してやる…

以下、本文。

昨日、仲間の接骨院からFAXが届きました。
それは新入職員の紹介でした。

前途有望な金の卵。

こんな時代だからこそ大切に孵化させなければ…
と思いながら、
僕の新弟子時代を振り返ると…
恥ずかしいやら、情けないやら…と
変な汗がにじみ出る。

しかし、忘れていた感謝や反省を思い出す。
僕はよい師匠と先輩たちに恵まれ
厳しくも温かく、優しい仲間に育てられ
やはり金の卵として大切にされていたのだと思う。

当時は業務や社会性を学ぶ上で理不尽と錯覚したり、
教えて貰っていることに感謝よりも反感を持ったり、
人と比較して勝手に優劣をつけ自虐的に落ち込んだり、
どうしても狭い視野で迷走する葛藤が日常だったと振り返る。

要するに経験が乏しい未熟なこども。
…当たり前ですね。

そんな時、
先輩たちはいつも先陣に立ち、道を切り拓き
未熟な僕に課題を与え、考え方を指南し導いてくれた。
そして同じものを見て一喜一優を感じ、
同じ釜の飯を食べ、共に泣き笑いした。

お陰さまで今があるのだと再認識しながら
この恩恵を次の世代に継承していくには、
僕らが、その指導をつなげていかなければならないと強く思う。

もともとの金の卵を腐らせたり、汚すのは指導者。
良素材を活かし高めることが、僕らの使命。

浜町グループに入ってきた新入職諸君
入職、おめでとうございます。
あなたたちの輝かしい活躍を仲間たちが全力でサポートします。
悩むことはあっても先輩に相談し、前か上を目指して頑張って下さい。
流した汗と涙は嘘をつきません。
将来の夢と目の前にいる困っている人たちのために全力で仕事をして下さい。
応援しています。

浜町グループの仲間たちは
自分の新弟子時代を思い返して、懇切丁寧に指導に当たって下さい。
出来ない事は悪いことではありません。
未熟は教えてあげればいいことです。
ただし、出来ないのではなく、やらない人間はしっかりと導いてあげて下さい。
そして、社会のルールや院のルールは自分を棚に上げてキッチリと教えてあげましょう。
親切な苦言はあとから財産として人の結びつきを高めます。
迷わず前をむける環境を大切にして下さい。
一緒に泣き笑い出来る仲間を歓迎しましょう!!

仲間が増えるって嬉しいけれど、責任もあるからまた頑張れますね(^O^)/
こんな時代こそマンパワーで突っ走り、踏ん張って行きましょう!!


…実は一回目に書いて消滅した原稿は“地震酔い”についてでした。
平衡感覚の受容器を眼近傍筋の運動療法で改善した例がチラホラと…
乗り物酔いする方にも有効のようです。
また、機会あれば書きますね。
[PR]

by hamachou | 2011-03-29 11:59 | お知らせ  

<< 地震酔い  突き指は要注意です!! >>