開院10日のRITZ院

今日の三郷は陽が出ない一日。
昨日の冷たい雨に比べたら、少し寒くないという位の暖かさです?!



開院準備の最中に一番不安だったこと、
それは…

“患者さんの身体に触れて、また治すことが出来るようになるのだろうか?”

浜町接骨院に居た頃は、
毎日何十人も触れて診て治すという繰り返しが当たり前に15年弱…
この二ヶ月間で、患者さんに触れない時間が
こんなにも恐いとは思いもしませんでした。

しかし、不思議な事に、
浜町リッツ整骨院を開院してみて、
一人目の患者さんが診た時に
その不安が嘘のように自分の中から消えて無くなり、
二人目、三人目…と診させていただく機会が増すごとに、
当時の自信と患者さんに振れ合う喜びが沸き起こってきました。

10日経過してみて…
お陰さまで仕事の内容が
だんだんと白衣を着るに伴った業務内容に変化を感じて、
また、少しづつですが患者さん達に当院の特色を理解して貰い、
浜町リッツ整骨院は接骨院らしくなってまいりました。

もちろん、
僕は浜町接骨院に在籍していた時の目線が物差しになっているので
毎日、300人前後の外来患者数があった接骨院と比べると
小波にも満たないレベルですが、
小規模院の特性から一人ひとりのお身体から発せられる声に耳を傾け、
丁寧に診療活動を連続させて行きたいと考えております。

これからも浜町リッツ整骨院の成長と進捗を書いて行こうと思いますので、
穏やかに見守っていて下さい… 宜しくお願いします。
[PR]

by hamachou | 2010-02-17 12:03 | 診療後記  

<< 1カ月経過 開院3日目… >>