最大の讃辞

昨日も寒い中、朝早くからたくさんの患者さんが
ご来院されました。
皆さん、本当にご苦労様です。

昨日はひとつ、うれしい?事がありました。

私が担当している、ある患者さんO・Kさんという
市外から来院される方がいて
一週間ほど前から、膝の治療を施しています。

初診当初、ご家族に抱きかかえられて診療室に…
某専門病院で加療するも芳しくない…とのこと。

早速、エコースキャナーで反対の良い方の膝と
見比べて問題は無いと判断し、各種検査を実施。
ある介助をすれば、スッと立ち上がれる事を確認し、
また、前医では変形はあるも骨に別状はない…との申告。

通例に従い、関節に潤滑整復を施して、
反対側の肘に運動反射を促し、機能的固定を処置して…
グルコサミン(100%純粋粉末)をお求め頂き…
経過は漸次良好。
杖を突けば、ひとりで歩く事が出来るようになってきました。

昨日も大変喜んでいるお顔を拝見し、
僕も顔がグチャグチャになる程ほころび、喜びを共有しました。

ここまでは、日常的によくある話ですが、
僕が本当に嬉しかった事象とは…

このO・Kさんが杖を忘れて帰ったのです。

つまり、杖を突いて来院した方が、杖を不要として歩いて帰った
ということです。

僕の仕事柄、早期社会復帰を応援する立場にあり、
患者さんからの経過聴取は基より、
結果に重きを置いています。

僕等、臨床家にとってこれ以上の讃辞は無いと
身震いするほど、嬉しかったです。

結果として、いつもたくさんの患者さんに
励まされ応援して頂いている僕は果報者です。

明日からもたくさんの喜びがあふれ出す
浜町接骨院を創造出来るように、頑張ろうと思う
休診日の早朝です。

※O・Kさん、月曜日には杖お渡し致しますからね(*^^)v
[PR]

by hamachou | 2009-02-22 05:22 | 診療後記  

<< 整筋マッサージ 節分 >>